新東谷日記

7/1(金)滑川体験活動

 本校校区は自然に恵まれ、「白猪の滝」や「唐岬の滝」などの名所が数多くあります。

 今日は、その一つである「滑川渓谷」へ行き、自然と触れあう体験活動を行いました。

 「滑川渓谷」までは、バスで約20分。

 最寄りの海上(かいしょ)バス停で下車し、そこからは歩いて「奥の滝(龍の腹)」と呼ばれる最深部を目指します。

奥の滝(龍の腹)

 バス停を降りた後は、ボランティアガイドの方に案内していただきました。

 渓谷の景観を楽しみながら、「熊の爪」「犬くぐり」と呼ばれる場所など、それぞれの特徴を教えていただきました。

 そして、ついに奥の滝(龍の腹)に到着しました。

 深い緑に囲まれた空間に木々の間から光が差し込み、とても神秘的で素敵な光景でした。

 ここで、みんなで水晶探しをしました。

 シャーレに砂をすくってよく目を懲らすと、小さな透明の石が見付かります。

 子どもたちは、瞳を輝かせながら一生懸命探し、たくさんの水晶を見付けていました。

 校区のすばらしい自然に触れることで、地域を愛する気持ちと豊かな心を育むことにつながる活動になりました。

 この後、滑川野外活動研修施設「なめがわ清流の森」に移動して、川遊びと非常食の試食を行いました。

 その後半の活動は、来週月曜日の東谷日記にて御紹介します。